2020年5月6日水曜日

5月7日からの段階的な学内活動の再開について

在校生・保護者様各位

新緑の候、在校生・保護者の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また今般の新型コロナウイルス感染症の感染防止対策により、新年度の授業再開が遅延しておりますことお詫び申し上げます。

さて、令和2年5月4日の緊急事態宣言延長の政府発表において、新規感染者数が限定的となった地域においては「新しい生活様式」に移行する方針が示され、令和2年5月5日に青森県知事より休業要請の解除、県立学校の再開等の発表がございました。

つきましては、当学院においても令和2年5月6日に臨時休校を解消し、下記の通り学校を再開致します。尚、学内では健康管理、3密の回避、マスクの着用、手洗い消毒等の感染予防に努めてまいります。今後も引き続き、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

1【段階的な再開について】
  令和2年5月7日(木)~令和2年5月31日(日)
 ・上記期間については、授業時間の短縮、分散登校とする。
  令和2年6月1日(月)以降について
 ・年間計画に沿って授業を実施し、通常通りの学校生活とする。

 2 【感染予防対策について】
  校内生活に関すること
 ・こまめな換気、生徒・職員が手を触れる箇所を一日複数回消毒、手洗いの励行、
  マスクの着用、咳エチケット等、基本的な感染予防を徹底致します。
 ・アルコール消毒液を必要箇所へ設置、マスクが不足している生徒には配布を致します
 ・可能な限り席を離し、対面、接近しないように注意を払う。
 ・共用の教材、道具類に関しては、1日1回以上消毒をする。

※その他の詳細につきましては、令和2年4月28日付、令和2年5月6日付で保護者様へ送付致しましたお知らせでご確認下さい。

※今後の青森県の感染状況及び国や県、関係各所からの要請により対応が変更になる場合がありますので予めご了承ください。


1 件のコメント: